今年のアカデミー賞はスペイン語パワー炸裂(1)


スポンサードリンク

今年のアカデミー賞はスペイン語パワー炸裂(1)

さて、今月の25日に迫ったアカデミー賞ですが、今年はスペイン語関連
まず、7部門にノミネートされている作品賞候補のバベルですが、
監督はメキシコ人のレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
(Alejandro Gonzalez In~a'rritu)で
「アモーレス・ペロス(原題Amores Perros)」や「21グラム」で
有目になった監督です。

また、このバベルにはそのアモーレス・ペロスや
モーターサイクルダイアリーズ(原題Diario de motocicleta)に出演
し、ナタリーポートマンとも噂になったことで、日本でもそこそこ知られる
ようになってきたメキシコ人俳優ガエル・ガルシア・ベルナル
(Gaer Garcia Bernal)も出演しています。

バベルはご存知の通りブラピことブラッドピットの主演映画で、
日本も舞台に設定されており、アカデミー助演女優賞にノミネートされた
菊池凛子や役所広司も出演しています。

といっても、ブラピやガエル・ガルシア・ベルナルとの絡みはありません。

スポンサードリンク



06年度NHKテレビスペイン語講座(アメリカでのスペイン語について)


スポンサードリンク

spain-go kaiwa.jpg


NHKテレビスペイン語講座 に関して

放送時間

本放送:毎週木曜日 午後11:30〜11:55
再放送:毎週火曜日 午前6:00〜6:25

講師は今年から98年〜02年までTVスペイン語会話の講師を
努めていた福嶌教隆(ふくしま・のりたか)教授になりました。

私も学生当時この講座にお世話になっていた時の講師なので、嬉しい限りです。寒いギャクが好きでした。

ラジオ講座の本放送が早朝なのに対し、テレビ講座の放送時間は夜の11:30なので、夜型人間にはぴったりです。

社会人でもバイトで忙しい学生も継続して見る事ができると思います。おまけに週一回ですから。

寝る前に勉強すると記憶の定着率も良いといいますし。

ラジオの番組がやや硬派なのに対し、TV版はNHKなりの柔軟性がそこそこある作りとなっています。

去年は吉本のお笑いコンビ「笑い飯」が出演していましたが、今年はあのドロンズの石本がレポーターとしても出演します。

電波少年の南北アメリカ大陸横断ヒッチハイクを見て、スペイン語ができれば、これだけ多くの国の人と会話ができるんだと思われた方もいるかもしれません。

実は彼らがアメリカ合衆国のピンチの時に救われたのも冗談で使ったスペイン語でした。

アメリカでスペイン語?と思われるかもしれません。

英語圏で最も人口の多いアメリカ合衆国ですが、実は移民の急増に伴いスペイン語話者が急増しているのはご存知でしょうか?

スペイン語を日常的に使う人が4000万人以上もおり、ヒスパニックはついに黒人の数を抜いてマイノリティーのトップに躍り出ました。

スペイン語話者人口で行ったら、メキシコ、スペイン、コロンビアに次ぐ数です。アメリカ国内では、政治の世界でも、ヒスパニックがかなり幅を利かせるようになっています。

大統領候補はヒスパニックが多くいる地域ではスペイン語で演説するなどのパフォーマンスも珍しくありません。

食習慣や洋服のセンス等が他の人種とは当然違いますから、今までただのマイノリティーしての位置づけから、マーケットの主要なターゲットの層としての認識もされはじめてきました。

トヨタがレクサスブランドのスペイン語の販売ページを作っただとか、どこどの食品会社がヒスパニック向けの商品を開発しただとか、ビジネスの世界でもヒスパニックの存在感は日に日に増しているようです。

ロサンゼルスはメキシコシティに次いで住んでいるメキシコ人が多いとか
マイアミでは「英語もできます」という看板を店が出しているとか
本当か嘘かわからないような色々なうわさを聞きます。

私も数年前にロサンゼルスを一人旅した時には、常に誰かがスペイン語を話しているのが聞こえました。

もはやアメリカではスペイン語が不可欠になりつつあるのです。非ヒスパニックの中にも数十年後にはスペイン語ができないと生きていけないのではと心配してスペイン語を勉強している人もいるらしいです。

実際、今のアメリカの若者は高校、大学で学ぶ外国語と言ったら、ドイツ語やフランス語ではなくて、「スペイン語」だそうです。

アメリカ人もスペイン語ができれば、仕事の選択の幅が広がると言うのは誰でも認めるところにまで来ています。

カリフォルニアやテキサスはメキシコ系、ニューヨークはプエルトリコ系、
マイアミはキューバ系等の地域によっても出身国が違う等アメリカのスペイン語と言ってもひとくくりにはできそうにありません。

前置きが長くなりましたが、今年のスキットの舞台はなんとアメリカ合衆国、スキットが収録された場所は、ロサンゼルス、マイアミ、ニューヨークとおそらく私が述べた出身国の違いについて番組の中でふれると思います。

アメリカのヒスパニックについて詳しく知りたいという方はまで

spgokouza.jpg





スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。