第14回


スポンサードリンク

【  英 語 】

"That's terrible, Mrs. Humphries. Does Mr. Humphries, too, think Lorna has been kidnapped?"

【 スペイン語 】

"Es terrible Sra. Humphries. ¿Piensa también el Sr. Humphries que Lorna ha sido secuestrada?"

【 単語比較 】
terrible: terrible → ひどい
too: también → 〜もまた
has been: ha sido → 現在完了の受身
kidnapped(>kidnap):secuestrado(>secuestrar) → 誘拐する

【  訳  】

「それはひどい。ハンフィリーズさん。ハンフィリーズさんも、ロルナが誘拐されたと思いますか?」

【 補足説明 】
That's terrible.ですが、スペイン語では主語がありません。
Eso es terrible.ということもできると思います。

Does Mr. Humphries, too, think Lorna has been kidnapped?

英語の場合は関係代名詞のthatは省略できますが、
スペイン語のqueは省略できません。

また、英語の疑問文の場合は、現在の時制ではDoやDoesが文頭にきますが、スペイン語の場合は通常動詞が文頭にきます。


【 メルマガの告知 】

このブログのメルマガですが、創刊号の発行4/20以降になります。

まだまだ第一回目からの購読に間に合いますので、ご希望の方は
以下から登録できます。登録、購読ともに無料です!

http://www.mag2.com/m/0000191262.html

スポンサードリンク



第13回 英語とスペイン語を同時に極める


スポンサードリンク

【 英   語 】

"Mrs. Edwina Humphries is my name. I am afraid they will ask me for money - I'm afraid Lorna has been kidnapped!"

【 スペイン語 】

"Mi nombre es Sra. Edwina Humphries. Me temo que pedirán rescate - ¡Me temo que han secuestrado a Lorna!"

【 比較しよう 】
my name = mi nombre → 私の名前
I am afraid (that) = me temo que →that(que)以下の内容を「恐れる、心配する」
ask for = pedir → 要求する
rescate → 身代金
kidnap = secuestrar → 誘拐する

【   訳   】
エドウィン・ハンフリーズが私の名前です。彼らがお金を要求するのではないかと恐れています。ロルナは誘拐されてしまったのではないかと心配しています。


【 補足説明  】
スペイン語では「私の名前は・・・」で始まっているが、別にSra.Edwina Humphries es mi nombreでも間違いではない。I'm afraid Lorna has been kidnappedとI'm afraid以下の文章ではLornaが主語の受身の文章になっているのに対し、スペイン語では彼らが主語となって(Ellos)han secuestrado a Lornaとなっている。

スポンサードリンク



第12回 スペイン語と英語を同時に極める(初級編)


スポンサードリンク


【 英   語 】
"Please tell me everything - Mrs. ...?"

【 スペイン語 】
"Cuéntemelo todo por favor, ¿Sra....?"

【 比   較 】

please = por favor → お願いします、どうか〜してください
tell me = Cuéntemelo → 私に話してください。
tell = contar → 話す
evertyting = todo → 全て
Mrs. = Sra → 女性に対する敬称

【   訳   】
ご婦人、どうか全てを私に話してください。

【 補足説明 】
Cuéntemeloはustedに対する命令形、tuの場合はCuéntameloになります。

スポンサードリンク



第11回 英語とスペイン語を同時に極める(初級編)


スポンサードリンク

【英語】
The fat lady sat down heavily and put her large red leather handbag on Daisy's desk.

【スペイン語】
La señora gorda se sentó pesadamente y puso su gran bolso de cuero rojo sobre la mesa de Daisy.

【比較しよう!】
fat = gorda
sit down = sentarse(再帰動詞)→ 座る、腰掛ける
heavily = pesadamente → 重く
put = poner > puso → 置く
red = rojo
leather handbag = bolso de cuero → 皮のハンドバック
on = sobre → 〜の上に
desk = mesa → 机

【  訳  】
その太った女性は重く腰掛け、大きい赤い皮のハンドバックをデイジーの机の上に置いた。

【 補足説明 】
特に説明の必要はないと思います。sobrela mesaはen la mesaに置き換えることも可能です。

スポンサードリンク



第10回 英語とスペイン語を同時にきわめる(初級編)


スポンサードリンク

【英語】
Daisy offered the fat lady a cup of instant coffee and awaited the details.

【スペイン語】
Daisy ofreció a la señora gorda una taza de café instantáneo y esperó los detalles.

【単語を比較しよう】
offer = ofrecer → すすめる、提供する
fat = gorda → 太った
a cup of = una taza de → (コーヒーカップ)一杯の
instant coffe = café instantáneo → インスタントコーヒー
await = esperar → 待つ
detalle(s) = detail(s) → 詳細

【  訳  】
デイジーはその太った女性に一杯のインスタントコーヒーを(飲むように)すすめて、詳細を(女性が話し出す)のを待っていた。

【 補足説明 】
offerは日本語でもオファーとなっているように「〜はいかかがですか?」と何かをすすめるときに使う。awaitはwait forよりも硬い表現。

スポンサードリンク



第9回 英語とスペイン語を極める(初級編)


スポンサードリンク

【 英   語 】

Lorna, my little one has disappeared. I don't know what to do."

【 スペイン語 】

Lorna, mi pequeña ha desaparecido y no sé qué hacer. "

【単語を比較しよう】

little = pequeñ(o)a → 形容詞 小さい
disappear = desaparecer → いなくなる。行方不明になる。消えてなくなる。
I don't know what to do = (Yo) no sé qué hacer → 「何をしたらいいかわからない。」

【  訳  】

「私の子供、ロルナがいなくなってしまったんです。私は一体どうしたらいいのか。」


【 補足説明 】

ここでのpequeñaは名詞自分の子ども(娘)のことをさしているものと思われる。disappearはappear(現れる)の反対、desaparecerの反対はaparecerとなる。英語のdis-、スペイン語のdes-は否定を表す。
例)
【英語】
dis-close 公開する。(close"閉ざす"の反対)
【スペイン語】
des-agradar 不快にさせる(agradar"喜ばせる"の反対)


スポンサードリンク



第8回 英語とスペイン語を同時に極める(初級編)


スポンサードリンク

【 英   語 】

"Oh yes indeed! I need your help desperately.

【 スペイン語 】

"¡Oh, por supuesto! Necesito su ayuda desesperadamente.

【単語を比べてみよう】

indeed = por supuesto → もちろん
desperately = desesperadamente → 絶望的に、ひどく(extreamly)

【  訳  】

ええ、もちろん!私はひどくあなたの助けを必要としています。

【 補足説明 】

今日は特に説明する必要はないかなと思います。por supuestoはもちろんの意味ですが、of course や sure 等の訳にもよく使われます。desperatelyはdesesperadamenteは「絶望して藁をもつかむような、懇願するような」ニュアンスがあります。

今日もワンクリックお願いします。→banner_01.gif

スポンサードリンク



第7回 英語とスペイン語を同時に極める!(初級編)


スポンサードリンク

『人気blogランキング』への参加を決めました。
このバナーをクリックして頂くだけで結構です。→banner_01.gif

【英語】
"Hello, can I help you?" Daisy asked the lady. "Please come and sit down."

【スペイン語】
"Hola, ¿puedo hacer algo por ustéd?" Preguntó Daisy a la señora.
"Entre, por favor, y tome asiento."

【単語を比べてみよう】
Hello = Hola
Can I help you? = ¿puedo hacer algo por ustéd?"
→何かお手伝いできることはありますか?
en que puedo ayudarle a usted? 等もよく聞きます。
ask = preguntar → 尋ねる、質問する
please = por favor
Entre = come (in) →命令形「入ってください}
sit down = tomar asiento
【訳】
「こんにちは、何かお手伝いできることはありますか?」とデイジーは女性に尋ねました。
【補足説明】
英語でお客さんに対してsit downというのは、何か不躾な感じがするのですが。take(have) a seatの方がtomar asientoに近いような気がします。ちなみにsit downにあたるのはsienteseです。

ご質問、ご指摘のある方はコメントへどしどし書き込みをお願い致します。
また、この記事が役にたったという方は下のバナーを一度だけクリックして下さい。(以前クリックしてくださった方も記事更新される度にクリックをお願いします。)
↓↓↓↓↓↓
banner_01.gif


スポンサードリンク



第6回 英語とスペイン語両方を極める(初級編)


スポンサードリンク


【 英 語 】
It was a fat lady who wore a fur around her neck.

【 スペイン語】
Era una mujer obesa con un mutón de piel al cuello.

【単語を比較しよう】
Fat = Obesa(gordaの同義語、obesaはややかしこまった言い方)→ 太った
Lady = mujer → 女性
Who wore = quien se pone →
Fur = mutón de piel → ファー mutón→辞書に載ってません!
de piel → 皮製の
around her neck = al cuello → 首(の周り)に
【  訳  】
それは首にファーをまとった太った一人の女性だった。
【 解説 】
英語では関係代名詞whoが使われて、who woreはworeはwear着るの過去形、スペイン語ではこれを前置詞conで置き換えている。このconはquem se poneを使って、quem se pone un muton de piel al cuello.

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

誰も気づかなかった!インターネットだけで100万稼ぐ成功法

スポンサードリンク



第5回 英語とスペイン語を同時に極める(初級編)


スポンサードリンク

MIXIでこのブログを紹介したところ、様々な方から好意的な反響とともに励ましの言葉を頂きましたここで感謝の意を述べます。また、誤字が見受けられましたので、今後気をつけていきます。できるだけ、毎日更新していくつもりですので、是非とも「お気に入り」への追加をお願い致します。

【 英語 】
One morning at about eleven o'clock someone knocked on her office door.
---------------------------------------------------------------------------------------------

【 スペイン語 】
Una mañana, cerca de las once, alguien llamó a la puerta de su oficina.
--------------------------------------------------------------------------------------------
【 単語を比較しよう 】
One morning = una mañana → とある朝
About = cerca de → 約、およそ
Someone = alguien → 誰か
Knock on the door = llamar a la puerta → ドアをノックする
【 訳 】
ある朝、11時ちょうど頃に誰かが彼女の事務所のドアをノックしました。
【  解説 】
英語の方には「〜時ちょうど」という意味のo’clockがあるが、スペイン語の文章の方にはない。スペイン語には「〜時ちょうど」にあたるen puntoという表現があるが、この文脈にen puntoを入れると不自然な感じがするが、文法的に入れると正しいか間違いかはわからない。
--------------------------------------------------------------------------------------------
【PR1】
「留学経験ありで、TOEIC600点と、恥ずかしくて人には言えない人。

TOEIC900点オーバーの著者が手っ取り早くTOEICのスコアをあげる方法を教えます。

【PR2】

「えっ?約6人に1人がマイレージで海外旅行をしてるんだって」「もしかして、知らなかったのって私だけ?」

→1年以内に無料で海外に行けなかったら全額返金します!

スポンサードリンク



第4回 英語とスペイン語を同時に極める(初級編)


スポンサードリンク

【 英語 】
Daisy wasn't very well known yet but occasionally people telephoned her from the advertisement she had put in the local newspaper.
------------------------------------------------------------------------------------
【スペイン語】
Daisy no era aún muy conocida pero de vez en cuando recibía llamadas de personas que habían leído su anuncio en un periódico local.
-----------------------------------------------------------------------------------
【単語を比較しよう】
well know = muy conocido(a), bien conocido(a)ということも可能 → よく知られている
Not…yet = no… aún → いまだに〜ない
But = pero
Occasionally = de vez en cuando
Recibir llamada → 電話を受ける
Advertisement → anuncio → 広告、宣伝
Local newspaper = periódico local 地方新聞 local = 地方の
【訳】
(英語)彼女はまだよく知られていなかったが、それでも時には彼女が地方新聞に載せた(put in)広告から、(人々は)彼女に電話をした。
(スペイン語)彼女はまだよく知られていなかったが、それでも時には地方新聞の彼女の広告を呼んだ(habían leído)人から電話を受けた。
【解説】
英語とスペイン語ではbut(pero)以下の主語が違うため若干表現が異なっているが、結局同じことを言っている。

---------------------------------------------------------------------
【耳寄り情報、誰にも教えたくないのですが...】

★1年以内に無料で海外に確実に行く方法!!(保障付き)マイレージで海外旅行している人は乗客の既に15%らしいです、みなさんは...?

海外へ無料で行く極秘マニュアル
↓↓↓↓↓↓




スポンサードリンク



第3回 英語とスペイン語を同時に極める!(初級編)


スポンサードリンク

【 英語 】
Every morning she went to her office to wait for phone calls or open the door to clients needing her services.

--------------------------------------------------------------------------------------------------

【スペイン語】
Todas las mananas se dirigia a su oficina a esperar llamadas de telefono o a abrir la puerta a clientes que necesitasen sus servicios.

--------------------------------------------------------------------------------------------------

【単語を比較しよう】
every morning = todas las mananas → 毎朝
go to = dirigirse a (ir a) → 〜へ向かう
office = oficina → 事務所、オフィス
wait (for) = esperar → 待つ
phone call(s) = llamadas de telefono → 電話
or = o → もしくは
open = abrir → 開ける
door = puerta → ドア
client(s) = cliente(s) → クライアント、顧客
need = necesitar → 【動詞】必要とする
service = servicio → 仕事、サービス(対価報酬を受ける)、奉仕

【 訳 】
毎朝、電話を受けたり、彼女の仕事が必要なクライアントのドアを開けるために彼女は事務所へ向かいました。

【 解説 】
se dirigiaはいわゆる線過去というやつで、動詞の原形はdirigirseという再起動詞。


---------------------------------------------------------------------
僕のお気に入り!スペイン語電子辞書(西和、和西、英英辞書あり、音声付)

スポンサードリンク



第2回 英語とスペイン語を同時に勉強しよう


スポンサードリンク

【 英語 】
She was thirty years old and had been a detective for the past two years.

---------------------------------------------------------------------
【 スペイン語 】
Tenía treinta años y había sido detective durante los dos últimos años

---------------------------------------------------------------------
【単語を比較しよう!】

had been = había sido
for the past two years = durante los dos últimos años
past:過ぎ去った
ultimos:「最後の」の意味。los dos últimos añosで「過去(最後の)2年間」

【意味】
(当時)彼女は30歳でした、そして過去2年の間探偵でした。

【解説】
1)スペイン語の方では主語である「彼女」にあたる「Ella」が省略されている。
2)また、英語では、be + 年齢で「○○歳である」のに対し、スペイン語では英語のhaveにあたるtenerを使う。
3)duranteは「・・・の期間」で、英語のduringにあたる。



---------------------------------------------------------------------

「もう、分厚い辞書を持ち歩かなくてもいいって?」スペイン語の電子辞書。あの白水社の西和、和西辞典を収納。スペイン語の動詞の活用表まである。西検対策に持ってこい。当然英和、和英さらに英英辞書まで入ってます。

スポンサードリンク



第一回 英語とスペイン語を同時に極める(初級編) The search for Lorna(La busqueda de Lorna)


スポンサードリンク

私は英語、スペイン語、ポルトガル語、そして当然のことながら
日本語の4ヶ国語を不自由なく操ることができます。
(自慢ぽく聞こえたら申し訳ありません。しかし、
僕の才能があるというよりは、良い勉強法を編み出すことが
できたことが大きかったと思います。)

このメルマガに採用している方法は私がスペイン語ばかり
勉強していて英語が片手間になってしまった時に思いついた
勉強方の一つです。

ある程度あきらめずに勉強を続けていくと英語とスペイン語の
違いよりも、共通点の方に目がいくようになります。
そうすると、英語の断片的な知識とスペイン語の断片的な知識が
相互に補完しあって驚くほどの相乗効果をもたらすようになります。

しかし、残念ながらこのブログでは
あまり細かい文法の説明はしていく予定はありません。
ただ単語に関してはこれくらい知ってるだろうというレベルの
ものもできるだけ意味を載せていこうと思います。

英語に関しては、あまり問題はないかもしれませんが、
スペイン語に関しては薄くてもいいので、
ある程度文法を勉強していない人には難しいかもしれません。

メールにて個人的にご質問頂ければ時間の許す限り、
分かる範囲内では回答させて頂こうと思います。

では、早速第一回目の内容へと入っていきましょう。

これから読んでいく文章のタイトルは
The search for Lorna(La bu'squeda de Lorna)というものです。

毎回英語とスペイン語にて同じ内容の文を1つか2つずつ読み進めて行きます。
当然ストーリーとして繋がっていくので、最後まであきらめずにいきましょう!
(分からなければ最悪日本語訳がありますので、ストーリーだけでも楽しむことはできます!)


【 英語 】

Daisy Hamilton was a private detective.


【 スペイン語 】
Daisy Hamilton era detective privada.


【 単語を比較してみよう! 】

la = the : 定冠詞 
bu'squeda = search for:調査、探すこと
detective = detective:探偵
private = privado(a):私的な

【 訳 】

デイジー・ハミルトンは探偵でした。

【 補足説明 】

英語、スペイン語ともに日本語の様に単語での「刑事」と「探偵」
の使い分けはありません。detectiveは「刑事」「探偵」の意味です。
日本語で「探偵」と言えば、誰もが民間の人間だとわかりますが、
英語やスペイン語ではあえてprivate detective(detective privada)と
private(privado)を加えることによって、Daisyは(警察で働く公務員としての)
刑事ではなく、「(私立)探偵」だということがわかります。


---------------------------------------------------------------------


スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。