「スペイン語会話パーフェクトブック」レビュー


スポンサードリンク

[レビュー]
本書だけではスペイン語の運用能力を大きく高めるのは難しいかもしれない。文法や教科書に出てきそうな基礎例文は大体頭に入ったという学習者が、日常会話的な語彙をさらに養うためにはうってつけの書といえます。文章は短いものがほとんどで、接続詞を使った複文はほとんどない。

この種の本で例文の数はピカイチ。2850の例文が電話での会話、レストランでの会話、買い物での会話など日常生活の場面別に日西対照で書かれています。それに加えて、簡単な解説(ポイント)や拡張語彙がところどころにある。

[付属のCDについて]
CDは2枚組で、スペインのスペイン語を話す男女が例文をどんどん話すというスタイルで収録されている。付属CDの吹き込みスピードは速からず遅からず。

学習者がCDを使ってスペイン語能力を高める様な工夫はされていないため、学習者一人一人がこのCDを使ってリピーティングやシャドーイングをするなどの必要がある。

途中には解説も日本文もなく、例文自体も短いので単調で、学習者は時には機械になったような気持ちになる。さらに場面に応じた会話のため、似た様な文章が延々と続くため飽きがすぐ来てしまうのが難点。

ただし、付属CDの総吹き込み時間数は約1時間20分にも及ぶためボリュームは◎。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。