日本のスペイン語教育について


スポンサードリンク

日本のスペイン語教育はドイツ語やフランス語、中国語などに比べて遅れていると言わざるを得ない。

公共教育機関におけるスペイン語教育の実情を見た場合、高等学校では、一部の私立の学校や商業科などでスペイン語を教えているところがある。

また高等教育機関である大学には、主に外国語大学もしくは外国学部を設置する大学がスペイン語学科を設けている場合が多い。また、一般教養課程の選択科目としてスペイン語学科を設けている大学もあり、増加傾向にある。

また、上記の大学がコミュニティーカレッジとして地元住民に対するスペイン語教育の場を設けている場合もある。

また、公共の教育機関以外でスペイン語教育を担っている物には、HK教育テレビのスペイン語会話やNHKラジオのスペイン語会話講座などが一番身近なスペイン語の通信教育の手段として挙げることができると思う。

また、NOVAなどの大手の語学学校や中小の語学学校でもスペイン語講座を開いているところもそこそこ見受けることができるようになってきた。

日本におけるスペイン語教育の発展はまだまだこれからと言うことができそうだ。


●関連記事
スペイン語を通信教育で勉強するには
スペイン語学科が設置されている大学

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。