スペイン語の手紙の書き方 手紙の目的を明確するための例文


スポンサードリンク

まず、スペイン語の手紙の中で、手紙の目的を明確化したい時に役立つ表現を今回は例文を用いて紹介します。

手紙の書き方の例文ですが、当然のことながらe-mail(電子メール)にも使える表現ですので、ぜひ覚えてみてください。

(1)Te escribo para contarte una novedad para que sepas que...
→君に手紙を書いているのは、あるニュースを聞かせたいからなんだ、というのも君に...のことを知ってもらいたいから。

(2)Apenas queri'a saludarte y saber co'mo est'as.
君に挨拶がしたくて、そして君がどんな調子か知りたかっただけなんだ。

(3)Pense' en ti ayer y entonces tuve ganas de escribirte.
君のことを昨日思い、君に手紙を書きたくなったんだ。


●関連記事
スペイン語の手紙の書き方 手紙の前文に使える例文
スペイン語の手紙の書き方 手紙の末文に使える例文
スペイン語の手紙の買い方 情報を与える、求める例文・スペイン語の手紙の書き方 情報を与える、求める例文


※スペイン語の手紙の書き方について、さらに詳しく勉強したいという人はいくつか本が販売されています。
・日常スぺイン語手紙の書き方(大和たまいらぼ)
・スペイン語の手紙(白水社)
・スペイン語の手紙の書き方―日々の生活や思いを生き生きと伝える(ナツメ社)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。