スペイン語の手紙の書き方 手紙の前文に使える例文


スポンサードリンク

まず、スペイン語手紙の前文に使える表現を例文を用いて紹介します。

手紙の書き方の例文ですが、当然のことながらe-mail(電子メール)にも使える表現ですので、ぜひ覚えてみてください。

手紙の書き始めの例文

Querido Fernando
→親愛なるフェルナンド

Querido(a) amigo(a)
→敬愛する友へ

Hola Paula.
→やぁ、パウラ

Me alegro tener noticias tuyas.
→君の知らせ

Perdo'name no haberte escrito antes.
→もっと前に手紙を欠けなくて

?Que' tal?
→お元気ですか?

?Co'mo te va?
→調子はどうですか?

?Que' novedades cuentas?
→何か新しいことを話してください。

Espero que este's bien.
→君が元気であることを願っています。

Espero que lo este's pasando lo ma's bien.
→君が楽しんで生活していることを願っています。

Espero que este' todo bien.
→全てが順調であることを願っています。


●関連記事
スペイン語の手紙の書き方 手紙の末文に使える例文
スペイン語の手紙の書き方 手紙の目的を明確するための例文
スペイン語の手紙の買い方 情報を与える、求める例文


※スペイン語の手紙の書き方について、さらに詳しく勉強したいという人はいくつか本が販売されています。
・日常スぺイン語手紙の書き方(大和たまいらぼ)
・スペイン語の手紙(白水社)
・スペイン語の手紙の書き方―日々の生活や思いを生き生きと伝える(ナツメ社)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。