スペイン語の資格 通訳案内士試験(通訳ガイド国家試験)


スポンサードリンク

スペイン語は通訳案内業試験(通称、通訳ガイド国家試験)は、正式には「通訳案内業国家試験」が行われる9カ国語のひとつです。

この通訳案内業試験では文部省認可のスペイン語検定やDELEとは違い、単にスペイン語の語学力が問われるだけではなく、スペイン語圏から来る観光客を案内するのに必要な日本の歴史や地理、文化などの幅広い知識が問われます。合格率は約5%と低く、取得するのは難しい。

[通訳案内士試験ってなに?]

通訳案内業試験(通称、通訳ガイド国家試験)とは、外国人が日本を観光する際に、その案内を行い報酬を得ることができる国家試験で、この試験に受かると通訳案内士の資格を得ることができます。

また、この通訳案内

「通訳案内士(通訳ガイド)」になるには、国土交通大臣が実施する「通訳案内士試験」に合格して都道府県に氏名、住所等を登録する必要があります。

※平成18年度から「通訳案内業試験」は、「通訳案内士試験」に名称が変更されま した。

通訳案内(通訳ガイド)の詳細については
http://www.jnto.go.jp/info/guide_shiken/index.html

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。