スペイン語の色を覚えよう!


スポンサードリンク

まず、スペイン語ではのことをcolorコロールといいます。複数形の場合は-esがついてcoloresコローレスとなります。

英語の色を意味するcolour【カラー】と綴りが似ているますが、発音は【コロル】となります。

またスペイン語の場合、-oで終わるは、修飾する名詞の応じて、性と数が変化するので注意が必要です。

早速色ごとに単語を見ていきましょう。

(1)赤色 rojo 【ロッホ】
[解説]赤十字はcruz rojo【クルス ロッホ】になります。
cruzは十字架の意味です。

(2)青色 azul 【アスル】
[解説]スペイン語に似たイタリア語で青色のユニフォームを着たイタリア代表のサッカーチームのことをアズーリ軍団といいますが、スペイン語のazulも語源は一緒です。

(3)緑 verde【ベルデ】
[解説]緑色が基調のユニフォームのverdy川崎のverdyはスペイン語のverdeから来ている様です。

(4)黄色 amarillo【アマリージョ】

(5)黒色 negro【ネグロ】
英語で黒人に対する差別用語でniggerという単語がありますが、スペイン語で黒人をnegroと呼びますが、negroには差別的な意味は全くありません。

(6)白色 blanco【ブランコ】
[解説]カサブランカcasa blancaは白い家(casaは家の意味)はスペイン語です。ちなみにアメリカ大統領邸宅のホワイトハウスもスペイン語ではカサブランカと言います。

(7)オレンジ色 anaranjado【アナランジャード】
[解説]naranja(オレンジ)の様な色ということで、anaranjadoという単語を使います。

(8)紫色 morado【モラード】

(9)茶色 cafe'/marro'n【カフェ/マロン】
[解説]茶色はコーヒーの様な色ということで、cafe'【カフェ】という呼び方と、栗の様な色ということでmarro'n【マロン】というもうひとつの呼び名があります。

(10)桃色 rosa【ロサ】
[解説]バラを意味するrosaを色の名前としてそのまま利用。スペイン語ではバラ色とは桃色のことを指す。

(11)水色 celeste【セレステ】
[解説]空を意味するcelesteを色の名前として使用。

(9)灰色 gris【グリス】

(10)銀色 plateado【プラテアード】
銀plataの様な色ということでplateadoという単語があります。

(11)金色 dorado 【ドラード】
スペイン語の古典エル・ドラード(El dorado)は


※髪の毛の色を表す場合には、上記の色とは違う表現を使う場合があるので注意。

・黒髪 negro

・金髪の
rubio(a)【ルビオ】
gu''ero(a)【グゥエロ】 メキシコではrubioよりもgu''eroの方が一般的。

・ブルーネット(赤毛)の場合は
castan~o(a)【カスターニョ】

●関連記事
スペイン語の数字について
スペイン語の月の名前と読み方
・スペイン語の季節の名前と挨拶(あいさつ)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。