06年度 スペイン語検定試験について


スポンサードリンク

春季のスペイン語検定試験略して西検の時期が近づいてきました。
5月一杯まで申し込み受付中の様ですので、まだまだ間に合います。

要領は以下の通り

試験日程
春期試験:1次(6〜1級)6月19日(日)
     2次(3〜1級)7月24日(日)
願書受付期間:4月1日〜5月31日(郵便消印有効)

受験資格
特になし

試験内容と時間
6〜1級の6段階があり、6〜4級は1次試験のみ
3〜1級は2次試験があり、2次は1次試験の合格者を対象

■1次試験
6級:筆記のみ(60分)
5・4級:筆記と5分程度の聞きとり(60分)
3〜1級:筆記のみ(90分)

3 ・1級:13:00〜14:30   5級:13:00〜14:00
2級:15:00〜16:30   6・4級:15:00〜16:00
*集合は10分前。試験開始20分後まで入室可。

■2次試験
3〜1級:試験官による面接形式

検定基準

6級(入門):基本的な短文の読み書きができ、直接法現在(基本動詞)修了
5級(初級):平易な文章の読み書きができ、直接法修了
4級(中級):簡単な日常会話ができ、文法を一通り修了
3級(上級):新聞などを理解、一般ガイドに不自由しない
2級(最上級):ラジオ、テレビを理解、一般通訳ができる
1級(プロ級):会議通訳、文学翻訳、専門ガイドができる

併願
連続した2つの級の併願は可能です。願書と受験票に併願級を2つ書き、一通 の願書で提出して下さい。

試験会場
1次:札幌、仙台、東京、横浜、千葉、名古屋、静岡、金沢、京都、大阪、神戸、広島、松山、松江、山口、福岡、熊本、長崎、沖縄と準会場

2次: 札幌、東京、名古屋、大阪、広島、福岡

検定料
6級:2,000円   5級:3,000円   4級:4,000円
3級:6,000円   2級:8,000円   1級:10,000円

お問い合せ、受験申込先
(財)日本スペイン協会
〒160-0016 東京都新宿区信濃町33 真生会館 3F
TEL: 03-3353-0428
http://www.casa-esp.com/link-examen.html

スペイン語はまだまだマイナーな時期なので英検に比べると
試験対策のための参考書はほとんどありません。
特に3級以上の中、上級者向けは皆無です。

その数少ない中で存在する対策書をここでは紹介します。

☆4級〜6級を受験する人向け☆


スペイン語技能検定試験合格への手引き―4級・5級・6級対策問題集

例文つき スペイン語技能検定によく出る基本単語

この本の著者の1人であるジョルディ・ジュステという人は大学時代の講師でした。

☆3級以上を目指すスペイン語中・上級者向け☆


3級以上は対策書、問題集が存在しないのである程度のレベルの
後は運ですね。問題の向き、不向きがあるでしょうから。

たまたま自分の得意な分野の問題がでれば、

西検はかなりマイナーな単語の訳を聞いてきたりするので、あらゆるジャンルの最新の記事が読める新聞を読むことをオススメします。

日本で発行されている唯一のスペイン語週間新聞。
自宅への郵送も可能な様です。

インターナショナルプレス(スペイン語版)

それでは、試験勉強頑張ってください。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17117606

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。